ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲン

美容成分として知名度の高いコラーゲンやヒアルロン酸は、関節痛や乾燥肌にいいとされています。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの成分や働きについてご説明しましょう。ヒアルロン酸は、皮膚や関節、目など体のいろんな部分にあるゼリー状の物質です。

 

ヒアルロン酸は水分を維持する機能に優れており、弾力性があるため肌の保湿や関節の働きをなめらかにする効果があるといいます。

 

体内のヒアルロン酸量は乳児の頃が最も豊富で、以後は徐々に減っていきます。

 

ヒアルロン酸が減少すると、皮膚の潤いやみずみずしさを保つ水分も減少し、乾燥肌の原因になってシミやシワを増やしてしまいます。

 

コラーゲンの方は、真皮や、靭帯、骨、軟骨などを形成するたんぱく質の一種です。体の中のたんぱく質の約30%をしめています。

 

コラーゲンは繊維状の硬たんぱく質で、弾力と強度があります。体内の細胞をつなぎ止める働きがあり、細胞や各臓器に存在しています。

 

ヒアルロン酸と同じくコラーゲンも子供の頃は多くとも、徐々に少なくなっていってしまいます。

 

コラーゲンは年と共に機能が衰え、分解も容易ではなくなってしまうという欠点もあります。

 

時間の経ったコラーゲンがなくならないと新たなコラーゲンはできてきませんので、肌は弾力性を失って代謝も悪くなってしまいます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は、美肌効果の他にも関節痛や靱帯のケアにとても役に立ちます。
ラフィーシャンプー